スクーターで行くソロキャン&酒飲むブログ

コロナでランは燃え尽きたので二輪免許(AT)とってキャンプでも行くブログ

スクーターへキャンプ道具を積載する

スクーターキャンプ!!

それはコンパクトさを求め、オシャンティなキャンプとは無縁!

そんな中でも出来るだけ快適に酒が飲めればオールOK。そんなキャンプのことだ!


f:id:koumemasakazu:20211023163305j:image

スクーターキャンパー人口を増やすべく、

今回はキャンプ道具の積載方法等を紹介してみよう。

 

まず、ホームセンターで買ったボックス

通称ホムセン箱

これにキャンプ道具を詰め込み積載するのが基本

このホムセン箱をバイクへ積載するの便利なのが

 

 

OGKのフリーキャリーシステム※

ワンタッチで楽チン


f:id:koumemasakazu:20211023163835j:image

このベースの四角穴に


f:id:koumemasakazu:20211023163854j:image

アダプターを取り付けたホムセン箱を


f:id:koumemasakazu:20211023164100j:image

ワンタッチ装着

(最終的には念のために固定ベルトでバイクに増締めしてます)

※バイク用ではないのでご使用は自己責任です。

他のホムセン箱にアダプターを付けておけば、

用途によって簡単に付け替え可能。

ホムセン箱の中身は


f:id:koumemasakazu:20211023164534j:image

テント、タープ、ポール、焚火台、椅子、バーナー類

シート等のキャンプ道具をメインに詰め込み。

 

ホムセン箱の上にこれまたホームセンターで買ったクリアケースを積み重ねる。中身は


f:id:koumemasakazu:20211023165054j:image

クッカー、調味料、薬、食材、洗剤等を入れてます。

 

そしてスクーターの最大の長所シート下のトランク。マジェスティSの場合はシュラフが2個入っちゃう


f:id:koumemasakazu:20211023165417j:image

シュラフ、ピロー、雨具、積載工具等入ってます。

 

着替えなどはてきとーなカバンに積めて

タンデムシートに100均の固定ベルトで固定。


f:id:koumemasakazu:20211023165549j:image

銀マットもベルト使って適当にボックスへ引っ掛ける

 

現地で買い物した食材や飲み物はクーラボックスに入れて足元へ。


f:id:koumemasakazu:20211023165956j:image

フラットフロアならではの利点

 

後方に重量が集中するのでくれぐれも安全運転で参ろうぞ!

 

しまりんに影響されて、スクーターキャンプ始めたけど、安いキャンプ道具はでかくて重いのが多いので、自分なりの積載方法を見つけよう。(ゆるキャンみたくあんなコンパクトにはできん)

バイク専用の車載バックとかも高いし、100均やホームセンターを利用していかに安くコンパクトに積めるかを考えるのが楽しいんだもん。負け惜しみじゃないもん。